京まが ロゴvol.6

京都街並みシルエット

太陽光発電はまだ間に合う!

土地がなくても高収入の投資はできる。

売電価格が下がる中でも高い収入はまだ実現できる! 土地がなくても始められる「分譲型」の太陽光発電を解説!

 投資として考えられている産業用の太陽光発電の売電価格は、少しずつではあるが年々下がってきています。しかし売電価格は固定買取価格制度と言うものを国が定めているため、発電が開始した時点での売電価格で20年間電力を買い取ってくれるんです。
 その制度を踏まえた上でオススメしたいのが「分譲型」と呼ばれる太陽光発電です!
 分譲型は遊休地を所有していない方でも土地を借りて太陽光発電を始めることのできるものなんですが、その電力の買取価格に注目してもらいたいんです!
 分譲型の太陽光発電は、まだ今よりも売電価格が高いときに、土地自体が国と売電の契約を交わしている事がほとんどです。
 なので年々少しずつ下がってきている売電価格に関係せずに売電を行う事ができるんです!あまり想像がつきにくいとは思いますが、売電価格36円の場合、50kwの発電設備で20年間で3970万円もの収入が入ってきます!
 なので分譲型の太陽光発電を始める際は、そこの売電価格にも注目してもらいたいです!
どうせ借りるなら日照条件も良いところが いいですね! 分譲地は日照条件が良いところにあるので、自宅から遠い場合もメンテナンスや発電量を遠隔できる「エコメガネ」などがあれば安心ですね!

PDFはこちら➤


PDFはこちら➤