京まが ロゴvol.7

京都街並みシルエット

極めて稀な リスクがほぼない投資!

太陽光発電のメリット・デメリットとは?

投資として考えられる産業用太陽光発電。遊休地をお持ちの方は一度検討してみてはいかがですか?

 産業用太陽光発電ときくと、なにやら敷居の高いイメージを持たれる方も多いとおもいます。しかし、ただ発電設備が10kw以上というだけで、誰でも産業用の太陽光発電設備を持つことができます!
 そして産業用の太陽光発電設備は「長期収入が保証されていながら、事業リスクがほとんど無いという極めて稀な投資」なんです!
 太陽光発電は国策でもあり、再生可能エネルギー事業参加者は、7~8年程度で設備投資を回収することができます。しかもそれから20年間、国の保証付きで同価格で売電を続けることができるので、実質コスト0で確実に収益を上げることのできる投資なんです!
 しかしメリットばかりではなく、デメリットもあります。それは初期投資が多いため、資金調達が難しい点にあります。しかし融資などで設置できる環境にある方ならば、設置しない手はありません!
 20年間保証付きで、リスク無しの投資は探してもなかなかあるものではありません。売電価格はどんどんと下がってしまうので、損しない為にもなるべく早い設置をお勧めします!
大自然の中に立つ太陽光パネルはやっぱり迫力がありますね。 太陽光発電設備と駐車場の屋根の二つの機能を持ったものもあるみたいです。 最低でも20年間は付き合っていく太陽光発電設備なので、しっかりとメンテナンスして付き合っていきたいですね。

PDFはこちら➤


PDFはこちら➤